奈良大学文学部地理学科        土平研究室
本文へジャンプ
2年次ゼミ生から 

奈良大学で歴史地理学を学ぶ在学生

 自分が推薦したところ(大山崎)がまさか、選ばれるとは思ってもいなかった。大山崎は住んでいるところから(JRでいうと)二駅ぐらいの近さで、いつでも行ける場所であった。最初は全く興味がなかったが、調べていくうちに「大山崎って歴史と交通が深いな(他にも深いところがいっぱいあるが……)」と思った。みなさんも大山崎に行くべし!!
                     
(西京区の田舎者
   

 大山崎巡検では、事前に大山崎について調べ、各自現地で発表をしました。今迄に経験がなく、同じゼミ生の人が調べたことはとても参考になりました。

 稗田若槻環濠集落巡検では、稗田の水害の被害対策に興味を持ちさらに詳しく調べてみたいと思いました。
                       
(中谷元香)

●大山崎

 初めての巡検で、始めはノリノリで目的地に行って、見たり、話を聞いたりしました。………が!!後半の天王山はきつかったです。山、登りました。正直きつかった記憶しかない…。そして山頂の270.4mの石碑がどこか切なさを漂わせていました()

●大和郡山・稗田・若槻

 城下町のなごりがある街並みが素敵でした。ほらあそこ……染物屋さんがあるあたりの道路とか!!元遊郭?の木造3階建てとか!!

それから、稗田の環濠集落にも感動しました。堀で囲まれてて、そこだけ昔のまま……な感じがよかったです。そしてこの日は寒かった!!
                           
(ykk)

 はじめて郡山の城下町 をみて道が複雑で狭いのが印象的だった。2度目の巡検で張り切っていたが、デジカメをバスに置き忘れみんなに迷惑をかけてしまった。すみませんでした。終わってみればおもしろかった。また郡山にいってみたいです。                
                         (
枚パーおじさん

■ 平成22年度の一日巡検(2年次ゼミ)は
     大山崎(京都府・大阪府の府県境)
     郡山旧城下と稗田・若槻(奈良県)

  
.
土平研究室
 〒631-8502
 奈良市山陵町1500
 奈良大学文学部地理学科
       土平 博
 п@0742-44-1251(大学代表)
 &Fax 0742-41-9531(研究室直通)

 二度の巡検はとても対照的な巡検であったと感じました。530日の「大山崎」で、もっとも印象的だったのは天王山への登山です。とても暑く、道のりが険しかったことが一番に思い出されますが、山崎の戦の地に立てた充実感はそれを上回るものでした。1123日の「稗田・若槻環濠集落」は対照的でした。城下町を始まりに環濠集落を巡る行程は肌寒く、広範囲を巡るものでした。個人的には羅城門跡の碑が最も印象に残りました。この二つの巡検はとても貴重な経験であり、今後の糧となると感じました。

                           (中桐 康将

Copyright 2010, Tsuchihira Laboratory, All Rights Reserved.